2017年12月07日

パウダースノウ

ともともです。

昨日、傷の治りが非常に遅くなったと書きましたが…

昨日、雪が積もって、バスで帰ろうと思い、うとうとどころか熟睡してしまい…

かなり乗り過ごすという大事件がありました。

今まで、そんなことはなかったんですが、疲れ、いや年齢なんでしょうか。

恐ろしいものです。

ともたとも、年齢に負けてしまいそうです。

と。

つかめなかった雪が、キミという形をもって、腕の中に舞い降りた。

数えきれない雪に、吸い込まれてしまいそう。
posted by ともとも at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

傷の治りが非常に遅い。

ともともです。

傷の治りが遅くなったと感じています。

年齢ですねぇ。

もうこのまま肌の色に戻らないのかなと思うくらいに治りが遅くなりました。

あざになっていくんだろうか。

内出血の吸収も遅くなったと感じています。

こんなことに年齢を感じたくはなかった。

肌を大事に生きていこうと、そう心に決めた、雪の日の朝。

ともたともです。

と。

会いたいのは、あの頃の キミ で。

好きなのは、今の キミ で。

あの頃も、今も、きっと、キミもぼくも何も変わっていなくて。

あの頃も、今も、きっと、キミにとらわれたまま。

あの頃も、今も、ずっと、キミの罠にかかったまま。
posted by ともとも at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

おもい に慣れる。

ともともです。

やっと、ラケットの重さに慣れてきたと感じています。

マーチンの重さにはまだ慣れていないともたともです。

と。

なぞ。

いつから、キミと飛べなくなったんだろう。
いつから、ぼくは飛べなくなったんだろう。

いつからか、ぼくはキミの足に絡み付いてしまって。
いつからか、キミがぼくの足に絡み付いてしまって。

空を飛べなくなってしまった。

キミが足枷なのか。
ぼくが足枷なのか。

もうわからなくなってしまうくらいに、キミとぼくが絡み合ってしまって。

もう離れられなくなるように。

空を飛べなくても、離れられないように。

絡み合ってしまったんだ。

キミが飛べない理由が、ぼくでありますように。
ぼくが飛ばない理由は、キミに気付かれませんように。
posted by ともとも at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする